栽培品種

ブルーベリー地頭農園では、6月下旬から9月下旬までブルーベリー狩りが楽しめます。6月下旬から8月上旬はハイブッシュ系の品種、8月上旬から9月上旬はラビットアイ系の品種になります。
(気象条件などによって時期が多少前後する場合があります。)


栽培品種の比較
栽培品種の熟れる時期と収量

※上記の表とグラフは、あくまでも目安です。気象などの条件で収穫量や熟れている時期が違うことがあります。

※その品種の熟れ始め(一番なり)が大きい粒です。時期が進むと徐々に小さいものになります。

ハイブッシュ系ブルーベリー

ハイブッシュ系のブルーベリー狩りが出来る時期は6月下旬から8月上旬です。
特徴:皮が薄いので柔らかめの食感。味は糖度が高く酸味も多いので濃い味で甘酸っぱいです。粒は大きい(一番なりが大きく徐々に小さくなる)です。

ブルーレイ

ブルーレイ6月下旬より7月下旬までブルーベリー狩りが楽しめます。
最盛期:7月5日から7月15日頃です。
(気象などの条件で多少前後する場合があります。)
特徴:糖度が高くほどほどに酸味があり味のバランスがいい、粒も大粒(大粒の時期が長い)で実の量も多い。当農園で一番多く栽培している品種です。


ハーバード

ハーバード7月上旬より7月下旬までブルーベリー狩りが楽しめます。ブルーレイの少し後に熟れ始めます。
特徴:皮がやわらかく、酸味が少なめです。
熟れているブルーベリーと熟れていないブルーベリーの色の違いがはっきりし分かりやすいので初めて摘み採りをされる方におすすめの品種です。


レイトブルー

レイトブルー7月中旬より8月上旬までブルーベリー狩りが楽しめます。ハーバードのすこし後に熟れ始めます。
特徴:酸味が多く、糖度も高く味が濃いのでブルーベリージャムにするにはおすすめの品種です。熟れ始めの大きな粒の完熟したものはすごく甘いです。


その他のハイブッシュ系

その他、極早生(6月下旬から7月中旬)のブルータ(20株程度)、中生(7月下旬から8月上旬)で大粒のダロウ(10株程度)があります。


※その品種の熟れ始め(一番なり)が大きい粒です。時期が進むと徐々に小さいものになります。 熟す時期は天候等で前後する場合があります。

ラビットアイ系ブルーベリー

ラビットアイ系のブルーベリー狩りができる時期は8月上旬から9月下旬です。 特徴:皮が厚いので硬めの食感。味は酸味が少なく糖度が控えめなのでサッパリした味です。ハイブッシュ系に比べて少し種が大きく多めです。

※その品種の熟れ始め(一番なり)が大きい粒です。時期が進むと徐々に小さいものになります。 熟す時期は天候等で前後する場合があります。

ブルーベル

ブルーベル8月始めから9月中旬までブルーベリー狩りが楽しめます。ほかの品種と違い完熟しても少し赤紫のままです。一番なりは大粒で食べ応えがあります。


ブライトブルー

ブライトブルー8月上旬より9月中旬までブルーベリー狩りが楽しめます。ブルーベルの少し後に熟れ始めます。


サウスランド

サウスランド8月中旬より9月下旬までブルーベリー狩りが楽しめます。ラビットアイ系の中では、皮が薄く柔らかめの食感です。


ティフブルー

ティフブルー8月中旬より9月下旬までブルーベリー狩りが楽しめます。当農園では、一番遅く熟れてくる晩生の品種です。


※その品種の熟れ始め(一番なり)が大きい粒です。時期が進むと徐々に小さいものになります。熟す時期は天候等で前後する場合があります。