芝生に8000株がありブルーベリー狩りができる観光農園

ブルーベリー狩り

農園

農園内1鳥取県西伯郡大山町に位置するブルーベリー地頭(じとう)農園は、大山山麓の大自然の真っ只中にあります。1997年よりブルーベリー観光農園で営業し今年で20年目になります。
園内の通路のほとんどが芝生にあり、ブルーベリーが約8000株栽培され一番古い木は樹齢25年以上になっています。西日本随一の大規模観光農園として、県内外に知られています。農園の背景には雄大な大山、そして野鳥のさえずりにきっと心を癒され清々しい日になるでしょう。7月上旬には紫陽花が綺麗に咲きます。


農園内2芝生に敷き詰められた園内は、高さ2m前後のブルーベリーの木(樹齢15~20年)が大半です。ブルーベリーの果実は小さなお子様でも摘み取れる高さにもなっているので家族みんなで楽しめます。 時間制限がないので、ゆっくりブルーベリーを満喫してください。
芝生を走り回るのも楽しいよ♪

通路の大部分に芝生を敷きつめていますので、土埃が舞うようなことがあまりありません。雨の日以外なら長靴がなくても大丈夫です。少々の雨なら雨水が浮くことはありません。


リピートのお客様が地頭農園を選んだ3つ理由

毎年お越しのお客様が来られたときによく言われることをまとめました。

1.ブルーベリーがたくさん熟れている
2.ブルーベリーが甘酸っぱく美味しい
3.下が芝生で歩きやすく摘み取りやすい


農園からのお知らせ

2016年シーズンは9月25(日)で閉園しました。
来シーズンは6月下旬頃の予定しています。

開園20周年記念のガラポン抽選会を実施しています。詳細は農園で

2014/8/31 日本テレビ 24時間テレビ ダーツの旅で紹介されました。


ブルーベリー狩りのご案内

園内は食べ放題です。制限時間はありません。

入園料
小学生以上500円、大人同伴に限り、幼児入園無料
パック採り
中パック500円(約300g)、大パック1000円(約600g)

 バケツ採り(キロ採り) できます

1kg以上摘み取りのご予定を方は、バケツ採りもできます。 バケツ採りの詳細は、こちらから


ブルーベリーの熟れ方 最新情報

0000/00/00 00:00

○=バケツ採り可能 △=パック採り可能 ―=未熟 ×=終了

品種名
現在、熟れている量
現在の大きさ
備考
ブルーレイ
×
収穫終了しました
ハーバード
×
収穫終了しました
レイトブルー
×
収穫終了しました
ブルーベル
×
収穫終了しました
ブライトブルー
×
収穫終了しました
サウスランド
×
収穫終了しました
ティフブルー
×
収穫終了しました

ブルーベリーの時期は?

熟してくる時期

6月下旬から8月上旬はハイブッシュ系のブルーベリー
8月上旬から9月下旬はラビットアイ系のブルーベリーが楽しめます。

基本的にブルーベリーは熟れ始めがサイズが大きいです。そして日が進むにつれて徐々に小さいサイズが熟れてきます。

※気象条件などで熟れる時期が前後する場合があります

ブルーベリーの食べ頃は?

ハイブッシュ系の場合

ハイブッシュ系のブルーベリーの食べごろ

基本的に品種関係なく、なるべく黒色(濃紺)のブルーベリーの実がよく熟れていて、甘くおいしいです。ブルーベリーは一度に熟れてきません。一つの房の中でもそれぞれ熟れ具合が違います。赤みが残っている実(軸のほうが赤い)はまだ酸味があり、食べごろではありません。黒い実(濃紺)に白い粉(ブルームという)がブルーベリー全体にあるものを選んで摘み取ってください。

ラビットアイ系の場合

ラビットアイ系のブルーベリーの食べごろ

こちらの品種も濃紺の色が完熟なのでそれを選んで食べてください。白い粉(ブルーム)がブルーベリー全体にできたもので大きいほうが甘くておいしいです。ピンク色のものはまだ未熟で酸っぱいです。

<食べごろをもっと詳しく>


新着記事

天気のいい日曜日でたくさんのお客様が来園

天気のいい日曜日でたくさんのお客様が来園


台風10号であまりブルーベリーが落下しませんでした

台風10号であまりブルーベリーが落下しませんでした


梅雨明けより雨が少なく甘くなっています

梅雨明けより雨が少なく甘くなっています